2006年08月15日

ブランドン Jason Priestley (カナダ) ビバリーヒルズ高校白書

右がブランドン
今日はビバヒルのブランドン・ウォルシュ(Brandon Walsh)を演じた、ジェイソン・プリーストリー(Jason Priestley、以下ジェイソン)です。
ビバリーヒルズ高校白書・青春白書はもちろん邦題で、こっちではBeverly Hills 90210といって、アメリカで1990年から2000年まで約10年続いた人気TV番組です。ちなみに90210はビバリーヒルズの郵便番号です。
私は登場人物が大学生になってからのエピソードは、完全に昼メロのようになってしまったので好きではなく、こっちでリアルタイムでやっていた時も見ていませんでしたが、高校生の時のは、もうはまりましたよ〜。
ジェイソンはカナダ生まれカナダ育ちのカナダ人ですが、実は5歳の時から既に芸能活動をはじめていました。でもまあ無名だったので、子役は大成しない、なんてよく言いますが、子役の時は売れなくて逆に大人になって大成功したケースですね。今では彼の顔を知らないアメリカ人はいませんし、頭もよくてスポーツも万能で、かつ性格も良いという、ちょっと理想的過ぎるティーンの代表はブランドンです。今はもうないですが、当時は子供にブランドンと名前を付けるのが流行ったそうです。
多くのTVスターが望むように、ジェイソンもビバヒルの最中に映画スターへ移行しようと、何本かの映画にちゃっちゃと出たのですが、残念ながら作品にめぐまれず、どの映画もぱっとしませんでした。1998年に"Love and Death on Long Island"という映画に出演して、初めてまあまあ良い評価を得た彼は、この年にビバヒルを降板しました。
現在は黄金時代の異常な程の人気はないものの、ずっと現役で活動しています。映画数本に脇役で出ていますが、やはりこの人はTVのスターがあっているようです。
2004年にはテレビドラマのTru Callingのレギュラーになり、今年2006年には、Love Monkeyというドラマのレギュラーになりました。こっちで大ヒットするドラマはほとんど日本へも行くので、まぁ〜、え〜と・・・・・・・・この二つは日本へ行くことはないでしょう(苦笑)。
プライベートでは、ビバヒルの出演女優を含む、何人もの女優と浮世を流した後、最初の結婚が1999年で、一年も持たずに同じ年に離婚。Naomi Lowdeというメークアップアーチストと2002年から付き合い始め、2004年に婚約、翌年2005年にバハマで挙式しました。彼の趣味はカーレースなのですが、2002年の8月に、練習走行中180マイル(時速にして290Km!)で壁に激突して瀕死の重傷を負いました。今の奥様はこのつらい時期に支えてこられた方なんですね〜。ジェイソンは素晴らしい早さで回復し、リハビリを終えて、今は完全復帰しています。
今年のお誕生日が来たら37歳です。ティーンのアイドルだったブランドンも、もうおじちゃんですね(笑)。

事故後に復帰した後のニュース映像を見つけました。事故の直後の映像がこ、怖い・・・(画像の中のプレイボタンをクリックすると見られます)



そして懐かしのビバヒルオープニングです。お楽しみ下さい♪(画像の中のプレイボタンをクリックすると見られます)



このブログが気に入っていただけましたら、下のバナーをクリックして、ブログランキングへの一票をお願いします。
クリックで一票!
posted by りぃ at 19:04| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ビバリーヒルズ高校白書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。