2007年04月26日

『奥様は魔女』の二人のダーリン (1)

急にすご〜く古いのを調べてみたくなって、今日はこれです。
子供の頃、大好きだった『奥様は魔女』!これは今大人の人だったら見てない人いないですよね〜?!
もちろんオリジナルのアメリカでの放送は1964年の白黒放送から始まっていますので、ほとんどの皆さんが日本で再放送でご覧になったのではないかと思います。

当時を思い出して懐かしがりながら、色々調べていくと、やっぱり大昔のドラマなだけに、出演者はほとんどお亡くなりになっていました。なので、あの人は今・・・、といえば、皆さんお墓の中です(苦笑)。

全話がDVDになってセットで出てました!
ファーストシーズンだけ白黒だったのですが、なんと苦労の末、カラー化して発売だって。今では何でも出来るんですね(笑)
そのまま白黒でもいいような気がするんですが・・・

奥さまは魔女 1st Season DVD-BOX
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2004/01/28)
売り上げランキング: 12856
おすすめ度の平均: 4.5
5 見られるだけで幸せ!
3 懐かしいサマンサ
5 とてもレア

初代ダーリンさて、今日は前から実はちょっと気になっていた、主役サマンサの旦那様役ダーリンをやった、二人の役者さんについて調べてみました。
子供ながらに途中でダーリンが変わったのには気付いていました。というか、あまりにも二人が似ているので、実はしばらく気付かなかったのですが、再放送をずっと見ていくうちに、あれれれれ???、と思うことが多くなり、「う〜ん、すっごく似てるけど、でもなんか違う人みたい」な〜んて、思いながら見ていたのです。体調不良で最初のダーリンが降板して違う人と交代になった、というのはずっと後から知った知識だと記憶しています。

最初のダーリンが、ディック・ヨーク(Dick York)で、二番目のダーリンがディック・サージェント(Dick Sargent)です。
偶然にも名前まで同じなんですね!ただ最初のディック・ヨークに関しては芸名で、本名はリチャード・ヨークといいます。
余談ですが、マイケルがマイク、ロバートがボブというように、ディックは古き時代はリチャードのニックネームの典型だったので、芸名がこのようになったのだと思われますが、ディックという言葉が昨今隠語として使われるようになってから、現代のアメリカでは子供にディックという名前を付ける人はほとんどいなくなっています。

二代目ダーリン二人がとてもよく似ているので、初代が降板した後に良く似ている俳優さんをうまく探したのかな〜、なんて勝手に思っていたのですが、実は二代目ダーリンのディック・サージェントが、元々ダーリン役をオファーされていたそうなんです。当時ユニバーサルスタジオと契約期間中であったサージェントは、契約違反になるため、『奥様は魔女』チームとの契約が出来ず、この役は仕方なく見送ったそう。
そして、ヨークが体調不良で降板した時にはしがらみのない身だったため、すんなり交代できたんだそうです。
当時、二人の交代に関しては事前に何の説明も行われず、ある日突然ドラマの中で変わっていて、視聴者を大変驚かせました。

二人のディックの実年齢は二歳違い。初代が二歳年上で、初代が二年早く亡くなっています。つまりふたりの人生の長さも同じで、初代は63歳(誕生日前だったので)、二代目は64歳で亡くなっているのです。
なんか運命を感じてしまいます。

■初代ダーリン、ディック・ヨークについて

墓石1928年9月4日生まれ。1992年2月20日逝去。
あの人は今・・・にふさわしく(?)、なんと墓石を見つけてしまいました。
ミシガン州のケントカウンティにお墓があるそうです。
身長185cm。

『奥様は魔女』(1964-1972)の全254エピソードのうち、 156エピソード(1964-1969)に出演しました。
They Came to Cordura(1959)という映画に出演した時に、撮影中の事故で背中をひどく損傷し、これが後々長年に渡ってヨークを苦しめます。
ヨークは背中の痛みを抱えたまま仕事をし続け、『奥様は魔女』に出演し始めてすぐにドラマは大ヒット、お茶の間の人気者になります。そして『奥様は魔女』の放送開始から5年、シーズン5の撮影中にセットの中で突然倒れ、そのまま病院に運ばれて、それが最後となりました。彼は脊椎を痛めていて、徐々に悪くなっていたのです。番組の関係者は彼の症状をよく知っていて、セットに使われていた彼が使う家具は全て特注の物だったそうです。そして倒れる直前は、他のキャストに手伝ってもらわないと、セットの中を歩けないほどまでに悪化していたそうです。

そんなにひどくなるまで働いていたなんて・・・今回彼に関しては調べていてショックなことがたくさんありました。正直、私たちを楽しませてくれた初代ダーリンをやった役者さんの悲しい最期に、胸がつまりました。

この後彼は体を治すべく治療に専念しますが、背中の痛みや薬と戦い続け、病状は更に悪化し、体重は150ポンド(約68キロ!)も増え、歯がほとんど無くなってしまいました。
収入は全くなくなり、唯一所有していたアパートに妻のジョアンと共に住みがんばっていたのですが、ついにはそのアパートも失い、文字通り飢餓と貧困に苦しんだのです。一時期は生活保護を受けてやっと何とか暮らしていたそうです。
その後体重を何とか元に戻し、1983年に一度、また1984年に一度だけ、テレビドラマの一エピソードにゲスト出演します。その二つが俳優としての最後の仕事でした。
亡くなるまでの約5年間は肺気腫と診断され、あらたな病気に苦しみます。そして背中はほとんど使い物にならなくなり、寝たきりの生活を余儀なくされす。
そんな中、彼が始めたのが、Acting for Lifeという名前のホームレスを救う為の募金を集めるチャリティーでした。寝たきりでも電話一本で出来ることがある、とミシガン州の小さな家から、政治家、有名人、一般人に電話をかけ募金を募ったそうです。自分と同じような人生を誰にも歩んでほしくない、と語っていました。
死ぬ間際まで、チャリティーに全力を注いでいたということです。

初代ダーリンとサマンサなんだか腹立たしくなってきませんか?一時期はトップスターで、皆に好かれて、たくさんの笑いを届けてくれた才能のある人が、どうしてここまで苦しまなくてはならなかったのでしょうか?
思った通り、そう感じたのは私だけではなく、『奥様は魔女』ファンによるディック・ヨークについての掲示板(英語)がたくさんあって、そこで色々討議されていました。
やっぱりファンにとっては、ダーリンはこの初代のダーリンしかいないという意見が多かったです。
そして何よりも問題なのが、当時のハリウッドの冷たさ。使えなくなった俳優は、くしゃくしゃぽ〜いでゴミ箱行きです。今でこそ、ロイヤリティーがしっかりしていて、今どんなに売れていない俳優でも、再放送で自分の出た番組が放送されれば、いくらかのお金が入ってくるようになっていますが、おそらくこの時代の俳優さんたちは、そういった権利もほとんど持っていなかったのでは・・・

1992年、ミシガンの自宅にて。亡くなる直前のヨーク。それから正直あまり書きたくないのですが、主役サマンサをやったエリザベス・モンゴメリーとの確執。これは当時ダーリン役が交替した直後、日本でもアメリカでも噂になったそうですが(私は知りませんでしたが)、確執があったかなかったかという真実は分からないにしても、番組を去った後にヨークからの電話には一切出ないとか、後に二代目ダーリンのサージェントが困難に陥った時には表立ってエリザベス自ら率先してサポートした、という事実だけを見ると、なんだかまた悲しくなってしまうのです。
特に5年も一緒に働いて、大成功させた番組ですが、エリザベスはヨークの貢献度は全く評価していなかったようです。

掲示板にはヨークのファミリーを救おう!とか、作ったチャリティー団体はどうなったのか?等、書き込みは延々と続いていました。

チャリティー活動に関して「ハリウッドで出来たであろうことの何倍ものことを、この椅子の上で僕は成し遂げた」と後に誇らしげにヨークが語っているのがせめてもの救いです。

なんか暗くなっちゃいましたね!長くなったので、二人目のダーリンについてはまた次回・・・

〜〜続く〜〜

人気ブログランキングに参加中です。応援宜しくお願いしま〜す。
クリックしてね

posted by りぃ at 18:52| サンフランシスコ ☀| Comment(1) | 奥様は魔女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貴重な資料・情報ありがとうございます。
最後まで読ませて頂きました。
Posted by norabohna at 2007年10月07日 21:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。