2006年10月25日

万引きで捕まったグレムリンの主役、ザック・ギャリガン Zach Galligan

この爽やか青年が・・・グレムリンは1984年に公開されたので、もう22年も前の映画なんだ〜。現在のようなCG技術や高度なSFXテクニックがなかった時に作られたのに、今見ても不自然さを全く感じずに入り込んでいける、よく出来た作品だと思う。フィービー・ケイツが可愛くって、主役のビリー(ザック・ギャリガン)が爽やかで、今でもクリスマスの時期になるとなんとなく思い出す大好きな映画の一つです。
ケイト(フィービー・ケイツ)のお父さんがイブの夜に帰ってこなくて、幸せいっぱいのはずのクリスマスの朝に、家の煙突でサンタの格好をしてお父さんが死んでいるのが見つかり、それ以来彼女はクリスマスが大嫌い、というものすごく悲しいエピソードが映画の中であったのが印象的。クリスマスって本当はすごく楽しいホリデーなのだけど、クリスマスシーズンになると何となく時々物寂しい気分になる時がある。この映画のせいではないけれどね(笑)。
グレムリンのシーンからさて、この大ヒットの映画の主役ビリーを演じたザック・ギャリガン、名前を知っている人はほとんどいないんじゃないかな。「グレムリンに出ていたモグアイをお父さんからもらった男の子」というのが私の知識。皆さんはどう?
結論から言うと、主役だし、映画は大当たりしたけど、その後は全然ダメだったようです。この人の今の状況ですが、現在も俳優を細々と続けていますが、脇役ともいえないくらい、脇の脇の脇役をマイナーなTVドラマや、B級映画でやっています。
そして情けないことに、彼は2003年の1月にロサンゼルスのタワーレコードでディープパープルのCDを万引きしようとして逮捕されました。たった一枚の音楽CDですよ!はあ〜、なんか情けないというか知りたくなかったな〜。
逮捕したLA警察のオフィサーは、もちろん彼がグレムリンの主役をやった俳優だなんて夢にも思わなかったそうです。捕まったザック・ギャリガンがオフィサーに言った言葉ですが、「CDを買うお金は十分持っていた。生まれてから今までで一番バカなことをしてしまった。」だそうです。本当ですね。
ザック・ギャリガンは1964年生まれで現在は42歳。万引きをした時は39歳。ニューヨークにあるコロンビア大学卒です。コロンビア大はアイビーリーグの名門校の一つで、バカでは入れません。是非もっとがんばってほしいですね。去年の9月に、25歳の女性と結婚したそうなのでプライベートではハッピーなようです。

今回グレムリンでサーチしていたらこんなの見つけちゃいました!
か、か、可愛い〜〜!!!ほしい〜〜っ。でも「日本国外にお届けすることができません。」だって。ちぇーーーっ!

それからグレムリンの映画が特別版DVDで12月に出るそうです。クリスマス前で丁度いいですね。
グレムリン 特別版
ところでグレムリン2は見たことないけど、どうなんだろう・・・。

このブログが気に入っていただけましたら、ブログ人気ランキングへの一票をお願いします。
クリックで一票
posted by りぃ at 14:56| サンフランシスコ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | グレムリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。